ホットヨガ入門!初心者・未経験でも安心なホットヨガスタジオ解説

美容やダイエット、冷え性改善や新陳代謝アップにも効果があるホットヨガ。そんなホットヨガのオススメスタジオの情報をお伝えします!

冷え性の悩み・改善について

なぜ辛い冷え性改善にホットヨガがいいの?ホットヨガと冷え性体質改善の関係について

投稿日:


「長年冷え性で夏場の冷房が辛い・・」
「低体温で肩こりや頭痛、不眠症もきつい・・」
「どうやったら冷え性って良くなるのかな?」

冷え性に悩む人は多いと思います。特に女性で冷え性の人は多いですよね。

だからといって生姜湯を飲んだり、ブランケットを使っても一時的に身体が温まるだけで結局冷え性は改善しないですよね。

でも冷え性に効果があるものがあります。それが「ホットヨガ」です。

実際ホットヨガをやっている人に聞くと「今まで冷え性に悩んでいたけどホットヨガを始めてからは手足がポカポカするようになった!」という人が多いです。

でもなぜ冷え性にホットヨガがいいのでしょうか?

冷え性の原因やなぜ冷え性対策にホットヨガがいいのか、それを説明していきます。

冷え性の症状。身体の冷えが起こる原因

冷え性になると身体全体、特に手足など末端部が冷たくなり冷房の風が辛くなります。人によって手足などの末端部が冷える、下半身が冷える、内蔵など内部が冷え体全体が冷えるといった個人差があります。

身体が冷えることで以下の症状が出てきます。

  • 頭痛
  • 肌荒れ
  • 生理痛
  • 生理不順
  • 肩こり
  • 不眠
  • 身体のだるさ

冷え性は「冷えの部分に温かい血液が届かない」ことが原因です。

  1. 熱を作れない
  2. 熱を作っても全身に運ぶ力が弱い

①はそもそもの身体の熱量が弱くなっています。人間が生きるために身体がエネルギーをカロリーを燃焼して熱量に変えています。

この変換機能が低下しているのです。主にダイエットなど糖質、炭水化物をカットしている。胃腸が弱く栄養の吸収能力が弱い、食べる量が少ないなどが原因です。

②はカロリーから熱量を作れているにも関わらず、全身に熱量が届いていないパターンです。

温かい血液を全身に運ぶのは心臓です。心臓がポンプの役割をして温かい血液を全身に行き届かせますが、力が弱く特に末端部に届きにくくなっています。血液の流れが停滞しているのです。

筋肉量が少ない、心臓のポンプ機能が弱いことが原因ですね。

なので冷え性の改善には

  • 身体のカロリー燃焼力を上げる
  • 筋肉量を増やす

ことが大事です。

冷え性は女性が多い

冷え性は女性に特に多いです。

職場の夏場の冷房が寒すぎて下半身が冷えてブランケットが手放せない。自分の職場にもこういった女性が多くいらっしゃいます。

冷え性は体調不良や疲れ、生理痛や不眠など、あらゆる不調の原因になり、更には、肌荒れ、肥満、代謝機能の低下など、女性とって辛い症状も。

そんな冷え性を少しでも改善したいと考える人も多いでしょう。でもなぜ女性に多いのでしょうか。

先程冷え性の原因は①熱量が少ない②温かい血液を全身に運ぶ力が弱いと説明しました。

  • 女性は男性より筋肉量が少ない→エネルギーを熱にできる量が少ない
  • 筋肉量が少ない→血液を全身に送る力が弱い=温かい血液が末端に届きにくい

女性はそもそも男性より筋肉量が少ないためカロリー消費効率が落ちます。男性の基礎代謝量はおよそ2000~2400カロリーですが女性は1600~2000カロリーです。

カロリー消費が少ない、つまり作られる熱量は少なくなるのはもちろん、筋肉量が少ないことで全身に温かい血液を運ぶ力も弱くなります。

また女性はダイエットをする人が多いです。きちんと栄養管理できたダイエットなら問題ないですが、極端な炭水化物、糖質カットダイエットを行う人も多いです。

摂取する糖分が少なければ当然身体が作る熱量は減る。さらに一日1000カロリー以下のような極端なカロリー制限を行うと、身体が飢餓状態を検知して、エネルギーの消費量を減らしてしまいます。

もちろん熱を作る量は減りますよね。また女性はサラダなど冷たい食べ物を食べることで直接身体が冷えることもあります。

どうしても女性は男性より冷え性になりやすい傾向があります。

ホットヨガが冷え性に効く理由。体質改善について

ではなぜホットヨガは冷え性改善に効果があると言われるのでしょうか?主な理由は以下です。

  • リンパ・血行の流れを改善できる
  • 筋肉量を上げられる
  • むくみを改善できる
  • 体温調整機能が向上する

リンパ・血行の流れを改善できる

リンパは静脈内の血液が流れる際に回収しそこねた老廃物を回収・排出させる機能があります。

基本はリンパが正常に機能していれば老廃物が血液に残らずサラサラの血液を全身に流すことができます。

ただずっと立ちっぱなしなど同じ姿勢やストッキングや下着などで身体を締め付けると流れが悪くなります。また食生活の乱れや睡眠不足などでもリンパの流れは悪くなります。

こうなると老廃物が蓄積して血管を圧迫したり、老廃物が血液内に入り血流がドロドロして血行が悪くなることも。こうなると全身に温かい血液を送りにくくなり、冷え性の原因になります。

ホットヨガは身体を内側から温め、また全身をゆっくりと動かすことでリンパや血行の流れを改善することができます。結果身体が温まりやすくなります。

筋肉量を上げられる

筋肉量を上げることで基礎代謝を上げ、より熱を出しやすい身体にできます。また全身をゆっくりと動かしていくホットヨガは、筋肉の中でも内側のインナーマッスルを鍛えるのに向いています。

全身+身体の内側の筋肉量アップ

インナーマッスルを鍛えることで心臓のポンプ機能の力を向上させ、身体の末端部まで温かい血液を送りやすくなります。

むくみを改善できる

実は冷え性とむくみには関連があります。むくみは同じ姿勢を続けることで一定部分、重力の関係で特に下半身に血液がたまり、水分が押し出されてたまる現象です。

心臓のポンプから外れた血液は冷たくなりやすいため、むくみの部分は冷えやすくなります。つまりむくみやすい部分は冷え性になりやすいということです。

先に説明したとおりホットヨガによってリンパ・血行の流れが改善できます。するとカラダの体液循環がよくなり新陳代謝や老廃物の排出にも良い影響があります。

結果むくみの改善になります。またホットヨガは下半身を上半身より上に上げたりする全身運動です。結果、ホットヨガの運動自体もむくみに効果があります。

慢性的なむくみが改善すれば冷え性もよくなりますね。

体温調整機能が向上する

人のカラダは常に熱を出し体温を一定に保ちますが、カラダを冷やす食べ物ばかり食べてしまうと、冷えやすい体質になります。

ホットヨガは高温・多湿のスタジオでヨガをするため、座っているだけでも汗が出てきます。約1時間のレッスンをすれば滝のような汗がでます。

結果代謝が上がり、普段から汗をかきやすい体質になり、体温調整機能を向上させます。

ホットヨガと合わせてカラダを温める食べ物(根菜・玄米・大豆など)も積極的に取り入れるとより効果があります。

ホットヨガをすると冷え性が悪化するってホント?

たまに「ホットヨガをすると冷え性が悪化する」という意見を見ることがあります。

これは自分の経験上ですが、ホットヨガをやって身体が冷えるようになったということはないです。逆に新陳代謝が上がり汗をかきやすくなりました。

一般的にですが、冷え性が悪化する、というよりホットヨガ中に大量に汗をかくことで水分不足やミネラル不足になり、体温調節が上手くいっていないのが原因と思われます。

ホットヨガは予想以上に汗をかくため、きちんと水分補給することが大事です。

またホットヨガのレッスン後は汗をかいた状態なのでそのままの格好だと身体が冷えてしまいます。なので、レッスン後はシャワーを浴びる、もしくは汗をきちんと拭き取り塗れて無いに着替えることが大事です。

他のホットヨガ経験者に聞いても冷え性が改善したという人は凄く多いですが、逆に冷え性が悪化した、という人は見たことないです。

冷え性に効くヨガポーズは?

特別なポーズでなくてもホットヨガのレッスンを1時間もやれば代謝は上がります。

強いて言えば「リラックスヨガ」のような弱めのゆっくりとした運動より「パワーヨガ」のような激しいヨガの方が筋肉量や代謝は上がりやすいと思います。

ただ一番強度が弱く初心者向けと言われる「リラックスヨガ」をやったことがありますが、一番動きの少ないリラックスヨガでさえ全身を動かすし、汗だくになります。

なのでポーズにこだわらなくても大丈夫です。

ホットヨガと通常のヨガ。冷え性対策ならどっちがいい?

これはホットヨガです。やはり常温でやるヨガと38度以上の高温・多湿のスタジオでやるホットヨガではかく汗の量が違いすぎます。

また温かいスタジオでやることで硬い筋肉が柔らかくなり、ケガをしにくいというメリットがあります。特に初心者の場合身体が硬いことが多く、指定のヨガポーズをするのは大変だったりします。

あとホットヨガは家ではできないため、ホットヨガスタジオに通うことになり強制力があって続けやすいという諦めやすいという人も続けられるメリットがあります。(家で筋トレしよう!と決意してもすぐに辞めてしまいますよね・・)

初心者だけど自宅でヨガをやるのでもいい?

ヨガ自体は家でもできますが、冷え性の改善ならホットヨガスタジオに通うことをオススメします。

  • 家を高温多湿にするのは難しい
  • 自己流で正しいポーズを習得するのは難しい
  • ヨガ自体が続かない

ホットヨガのスタジオは38度以上の高温で多湿の環境が多いです。これを家庭の部屋で再現するのは大変です。作ること自体難しいですが、終了後ちゃんとメンテナンスしないとカビなど衛生面に影響があります。

また家でやるということは本かyoutubeなどの動画を見てマネをするはずですが、やはり初心者が自己流でやった場合正しいポーズをとりにくいです。スタジオならインストラクターに教えてもらえますからね。

また家でやる!と決意しても1ヶ月も続かずやめてしまう可能性があります。

どのホットヨガスタジオがオススメ?

冷え性対策ならホットヨガが効果があります。

そしてホットヨガスタジオを選ぶなら「LAVA」が一番オススメです。全国展開しているためいろんな場所にスタジオがあります。

また施設やインストラクターのレベルも高く楽しんでホットヨガを始めることができます。

試しに無料体験レッスンを受けましたが初心者でも全く問題なくホットヨガをすることができました。

LAVAは1番オススメのスタジオですが、ホットヨガスタジオを選ぶポイントはコチラを参考にしてみてください。

ホットヨガスタジオ選びで迷うあなたに

ホットヨガスタジオの選び方のポイント!

「ホットヨガやってみたいけどどのスタジオがいいのかな?」

調べてみても違いがよく分からない、凄く分かります!ホットヨガを初めてやる人にスタジオの選び方を解説します!

 

LAVA(ラバ)

ホットヨガスタジオといえばLAVAと言うほど全国に店舗を持つホットヨガスタジオです。

東京都内であればどの地域にもあり、フルタイム会員になることで2店舗利用可能。仕事帰りと休日で別なスタジオを利用できるのもポイントです。

LAVAに通う人はほとんどホットヨガ初心者・未経験者です。なのでついて行けるか不安な人でも安心して始められます!体験レッスンで雰囲気が分かるのも嬉しいですね。

CALDO(カルド)

CALDO(カルド)はLAVAと同様全国展開する大手のホットヨガスタジオです。
主要都市が中心となりますが、こちらも店舗数が多いのがポイントです。

eka Los Angels

LAで誕生し、ハリウッドやビバリーヒルズ、ロデオドライブなどの ハリウッドセレブに大人気のヨガブランドです。

日本のヨガブランドではセンスの良いアイテムがなかなか見つからず、ユニクロなどで代用してるという人も多いです。そんな中ekaは機能性とおしゃれを両立させ、ヨガだけでなく普段着の1つとして使えるほどレベルが高いブランドです。

ヨガ用ウェアだけでなく、ヨガマットやマットを入れられる専用のバッグなども扱っていてホットヨガグッズを各種揃えています

-冷え性の悩み・改善について

Copyright© ホットヨガ入門!初心者・未経験でも安心なホットヨガスタジオ解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.